通訳のための翻訳コース

 

当教室の最もユニークなコースが、通訳のための翻訳コースです。このコースは、恐らく日本で初めてではないかと思います。

長年通訳スクールで指導してまいりまして、私がしばしば感じましたのは、人によって程度の差はありますが、通訳の学習に追われておりますと、徐々に言葉が荒れてくるのです。

とにかく速く反応して何か言わなくては… と焦るあまり、同じ表現を何度も繰り返したり、聞き手に分かりにくい言い方をしたり、意味のない言葉で訳出までの間(ま)を埋めたり…etc. 通訳の学習経験者でしたら、どなたでもこんな経験をお持ちでしょう。

その結果、自分では気づかないうちに、非常に直しにくい悪いクセがついてしまうのです。

このような事態に歯止めをかけるにはどうしたら良いのかと、研究と検証を進めた結果、言いっぱなし、訳しっぱなしではなく、通訳する言葉を書き取り、自分の通訳を客観的に分析し、より良い通訳パフォーマンスの実現に近づける方法として、このコースを提案することに致しました。

 

それぞれのご受講レベルは次のとおりですが、一応の目安とお考えください。

   基礎科受講レベル : 大学・大学院・通訳スクール等において、一定期間通訳学習をされた方。

               通訳学習歴はあるが、1年以上の学習ブランクがある方。

 

   応用科受講レベル : 通訳スクールにおける学習歴2年以上の方。

 

 

受講料

    入学金 : 不要

     受講料 : 6回分 30,000教材費込・税込)ご受講料の有効期間は6か月です

     6回分のうち、3回を対面授業、或いはSkype個別授業に振替可能です。

    翻訳課題1本の翻訳と添削指導後のリライトを合わせて1回分にカウントします。